瞑想を始めてから疲れにくくなった

経験を積むほど、どんどん疲れにくくなってゆく感じがする。

それは瞑想に特別な効果があるというよりも、自分自身の体の状態に敏感になって、無意識の緊張を避けられるようになるからだと想う。

あとはたとえ疲れている時でも、その状態を体の中でうまく逃がせる感じだ。

疲れにくい体を作るなら、ぜひ瞑想をおすすめする。

実践例

仕事中など、なるべく身体感覚に注意を払うようにしてみよう。

体が緊張していることに気づいたら、その感覚をいちど観察しよう。次に、体の中にどこか癒やされるような「回復する感覚」がないか探してみよう。

歩いたりしながらだとやりやすいと思う。